布石の勉強法

 今日は、私の布石の勉強法について書きます。今現在、布石の勉強をしていたり、布石がどうしても分からないと悩んでいる人がいましたら、参考にしてくださると嬉しいです♪
 
 私が勉強した内容と順番は、
  ①布石の基礎知識を知る。
   まずは、どう打っていいのか分からなかったので、
     a.布石の順番は、
      『隅への先着→隅のシマリ・カカリ→辺へのヒラキ→中央への展開』    
      の順に打つのが、原則
     b.ヒラキの基本(二間ビラキ・三間ビラキ・二立三析・割り打ちetc.)
   などのような事を本を読んで理解しました、私が読んだ本は、
     『よくわかる囲碁 序盤の打ち方』(小川誠子)と
     『はじめての十九路盤布石』(小林覚)です。
   この二冊は、内容が全く同じだったので、どちらか一方でも良かったかもしれません。
 
  ②実戦で自分が打った布石を上手の人に手直ししてもらう。
   でも、私の場合は、手直ししてくれる上手の人がいなかったので、
   布石の問題集である
     『序盤の感覚力』と
     『布石のベスポジ』を
   ひたすら解きまくりました。そのやり方としては、
   布石の場合は、詰碁と違って、いくら考えても答えが出ないので、
   直感だけで、少し考えて、すぐ答えを見て、解説をジックリ読み、質を量を重視しました。
   この段階では、
     a.連絡と切断
     b. 石の強弱判断
     c.根拠の重要性
     d.大場と急場
の4つを学びました。

  ③プロの打碁を並べる
   プロの打碁の序盤の部分だけをただひたすら並べました。
   解説は、あれば読んで理解するように勤めましたし、
   なければプロの棋譜から何かを感じ取ろうと努力しました。読書百遍じゃないですけど、
   何回も並べる事によって、何かの足しになってるかもしれません。
   いい加減ですね?ごめんなさい(汗)

  ④得意な布石を作る
   これは、③と平行して、得意な布石…例えば、
     a.三連星
b.二連星
     c.中国流(高低)
d.ミニ中国流
     e.秀策流
     f.小林流(新旧)
   などなど、自分の気に入った布石を集中して勉強して、実戦でも多用したりします。
   得意な布石を作ると、自信がつく、プロの碁を観る時の見方が変るなど、
   いい事があります。

と、こんな感じで勉強を進めています。でも、私もまだまだ発展途上なので、もっと効率の良い勉強もあるかもしれませんね・・・・
また、いい方法があったら、ここで書こうと思います。
[PR]
by kozakura4649 | 2004-11-22 23:50 | ●小桜の囲碁日記
<< 一芸に通じる者は、全てに通ず 棋譜並べについて >>