『辺の戦い辞典 韓國棋院編 4』

b0056616_20594095.jpg 韓国棋院の「辞典シリーズ」の第四弾です。今回は、定石後の辺の攻防に焦点をあててます。
内容は、
1章 定石後の辺の攻防(置碁編) 9型
2章 定石後の辺の攻防(互先編) 15型
3章 ボウシをめぐる攻防 7型
4章 小目のシマリ後の攻防 4型 
となっています。あと、付録(?)として、『「韓国頂上四天王」が公開する強くなる秘訣』も収録されていました(^-^)国が違っても、上達する秘訣というのは、変わらないんですね!
昨日も実戦でかんたんな詰碁を間違えたし、わたしも詰碁をやらないとなぁ・・・。

 そういえば、全然話は変わるんですけど、わたしが持っている日本棋院の『基本死活事典【上】』は、平成8年の12月に出た増補改訂版なのですけど、それと比べると昨日本屋さんでみかけた『基本死活事典【上】』の本の厚さがやけに薄く見えたんです・・・気のせいなのかなぁ…何か情報を知ってる方がいらしたら、教えてください!!(^-^)
[PR]
by kozakura4649 | 2005-08-12 16:26 | ●小桜の囲碁日記
<< 高尾本因坊の扇子!! 置き碁の打碁を並べるメリット >>